どこの脱毛が一番痛いですか?

脱毛の方法によって体に感じる痛みはまちまちですし、また同じ脱毛方法でも人によって感じ方も違い、同じ人でも体の部位の違いによって痛みの感じ方はさまざまです。痛みのほとんどない脱毛方法と言われている方法でも人によっては痛みを感じることがあります。精神的なストレスから体が過敏になっている時などもいつもよりも痛みを感じることがあります。ですので、脱毛を始める前に、体のどの部位が痛みを感じやすいかを知っておくと、安心ですね。まず多くの人が共通して痛みを覚えるのが、毛が太い部位、骨に近い部位、そして皮膚が薄くてかぶれたりただれたりする部位です。毛が太い部位は、ワキの下とデリケートゾーン。骨に近い部位は、脛・手の甲・指・デリケートゾーンなど。皮膚が薄い部位は、デリケートゾーン。この3つの条件に合致するところがデリケートゾーンです。脱毛の方法にもよりますが、デリケートゾーンが一番痛みを感じやすい部位ということになります。

 

脱毛は痛い?

脱毛して、キレイになりたい。でも、痛いのを我慢しなきゃならないのはちょっと・・・。と、これは初めて脱毛をしようと考える人のほとんどが考える悩みどころですね。女性の体はそれでなくてもデリケートなので、痛みが少なくてキレイになれるなら、それが一番いいと思う人も多いと思います。脱毛を施してくれるところというのは大きく分けて2ヶ所。方法は3種類あります。クリニックでは絶縁針脱毛とレーザー脱毛。サロンでは光脱毛。絶縁針脱毛は、細い毛や産毛も脱毛できますが、毛穴に針を刺した状態で電気を通して毛根を破壊するので、人によってはそれなりの痛みがあります。レーザー脱毛とサロンで施術される光脱毛との違いは、出力パワーの違いです。光脱毛のパワーは最高でもレーザー脱毛の3分の1ですので、脱毛を終えるのに必要な期間がレーザー脱毛の2~3倍となりますが、お肌にかかる負担が少なくてすみますので痛みも少ない分、気持ちの面でも負担が少ない脱毛方法です。痛みに弱い人は、サロンでの光脱毛が良いかもしれませんね。